ひょっとこ雑記

今年から大学生なり。中高生に向けたライフハックとかゲームとか。

iPad用にultra slim keyboardを購入しました!

こんにちは!ひょっとこでございます。

実は少し前の記事からiPadを使ってブログ更新をしています。

困った時にパソコンを使う程度で大体のことは

iPadのみで済ませていました。

ただ一つ不満があるのが…

文字が打ちにくすぎる!!😠

いやもう本当に。そりゃたくさんの文字をうつのにキーボードなしでは

辛いものがありますよね…

そこで!今回はiPad対応のBluetoothキーボードを購入したのでレビューをば。

今回購入したキーボード

でん!!

 

 

今回はankerさんから出ているこちらの

Ultra slim keyboardを購入しました! 

ankerさんは割と有名なブランドなのでご存知の方も多いのでは?

僕はモバイルバッテリーとイヤホンも使わせていただいています。

価格はなんと2000円Bluetoothキーボードとしては非常に手頃。

買う前からかなりの期待がありました!

使用感

詳しい接続の方法などは他書でたくさん書かれているので

ここでは他のことを書いていこうかなと。

一週間使って分かったいい点気になる点をそれぞれ書いてみました。

全体としてはかなり使いやすい印象です!

いい点

圧倒的低価格

はい。

上でも触れましたがなんと言ってもこのお値段。

しかもよくある名前も聞いたことのないような中華製ブランドではなく、

かなりの有名なメーカーさんがだしている安心感。

自分もこの商品ではありませんが、

以前機器について質問を送ったときに

非常に丁寧に対応していただいた経験があるので信頼を寄せています。

更に下に書くようになかなり使いやすい代物であるので、

いわゆるコストパフォーマンスはとても高いでしょう。

打ち心地

かなり良好。

パンタグラフ式です。

キーストロークは浅めですが程よい硬さなので

ミスタイプも少なく比較的疲れにくい印象です。

更に2000円のコスパのよさを加味して考えると

なかなか他にはないレベルであると思います。

また、タイピングの音に関しては若干大きめです。

静かな図書館などでは使いずらいかもしれませんが、

自分はこの音結構気に入ってます。

キーボードの軽さ

このキーボードの大きな見所はなんと言っても

低価格と低重量にあります。

折りたたみこそできないものの、家の中で使う分には

とても運びやすいです。

逆に言うと屋外への持ち出しの予定がある人は

折りたたみ機能のついたものをお勧めします〜!

見た目

自分は好きです。

Appleさんのmagic keyboardに似ていますよね。

それもあってiPadとの相性はバッチリです!!

iPadとの相性

こちらについては他の記事でさらに深く触れようと思いますが、

そもそも画面の大きなipadとキーボードの相性はとてもいいです。

カバー付きキーボードも確かに魅力的ですが、

いかんせんつかわない時に

重いことと、背面にキーボードがあることが

どうしても気になってしまって…

すぐにキーボードの接続をon off できるbluetoothキーボードの方が

僕にはあっていました。

現在はiPadにはシンプルなカバーをつけて、

文字を打つ際にはスタンド+キーボードで使っております!

気になる点

Enter keyの大きさ

多くのキーボードですとエンターキーは少し大きめに作られていますが、

このキーボードはback speceやshiftとほぼ同じ大きさです。

使い始めて三日ほどは下にあるshiftキーとの打ち間違いが頻繁に起きました。

まあ人間慣れるもので、今では打ち間違いは少なくなったので

さほど大きな問題ではないのかなと思います。

若干のぐらつき

ここに関しては値段相応といったところでしょうか。

キーボードの真ん中下あたりを押すと少し凹んでしまいます。

たわみがあると表現すればいいのでしょうか。

もっともキーボードは常に手を当てているわけではないと言う性質上

あまり気にならないものかとも思います。

まとめ!!

今回はanker さんから出ているultra slim keyboardのレビューでした。

概ね自分の期待通りの商品で買ってよかったと思います。

安さと軽さこそ正義。

iPadとキーボードの相性はとてもいいので

iPadを持っているけどキーボードは持っていないという方は

ぜひお試しあれ!

今回はこの辺で。

読んでくださりありがとうございました!!